WEB SYSTEM FOR SEAMLESS BUSINESS

横山システム経営研究所の開発精神 Development Spirit

アユ、サケ、マスなどの川魚は元々は投げ網などの方法で漁がおこなわれていた。
この労力をなんとか減らし、効率よく漁を行うこと、自動化できる部分はないものかと考えた人間がいた。
川の環境や魚の性質を観察し、急流を人為的に作ればそこに川魚があつまることを発見し、
仕掛けを作った。それが「簗」である。
システムとはこのようなものであり、経営とは最小の労力と投下資本で最大の収益を得るための
効率追求を目指すものである以上、この知恵を具現化することに本質があるとわたしたちは考えます。
私たちは優れたシステムとは次のようなものと考えています。

・作業品質のバラつきをなくし、業務品質の向上と作業工数削減を可能とすること。・正しい意思決定の根拠を与えること。・セキュリティ、BCP、内部統制など業務システムとしての要件を備えていること。・柔軟な拡張性、メンテナンス性を備え、シームレスな外部連携を可能とすること。

このようなシステムは作り上げることは困難であるが不可能ではない。
システムはヒト・モノ・カネ・情報を真に生かしていく屋台骨となるものであると私たちは信じます。

業務改善直結型

問題とは「現実」と「あるべき姿」との間のギャップ
システムは問題解決、業務改善とセットで考えられるべき。
付加価値直結型システム開発を目指します。

業務システムの目的は→システム化してはいけない業務もある→完全WEBプロジェクト→最たるムダの排除→

- BiFFLAとは -

Business intelligence 会社と経営者のための
Fast & Flexible 早く(開発と操作のパフォーマンス)、柔軟に
Link 他システムとのリンクにより、無駄な開発をしない
Architecturre 業務知識と先進技術の統合を基盤とするシステム
WEL-MADE ADVANCED ORDER